慣れれば強力な助っ人になります

乾きやすい畑から徐々に畝立てをしています。
来週月曜日には雨の予報が出ているので、前日の日曜日には播きたいタネを一気に播いてしまいたいと思っています。
そのためには今日までに畝立てを終わらせておきたい。

畝立て機の使い方が少しずつわかってきました。
現場ではまだまだ変な畝ができていますが、要領だけはつかんだつもり。
あとは慣れだけです。

きれいにできるとホレボレ見とれてしまうような畝に仕上がります。
このあと溝を切ってタネを播くのがもったいないくらい。
機械は人力でやれることを効率よく行ってくれるもの、と思っていましたが、こんなに綺麗に均(なら)すことは今持っている農具では僕にはできません。
機械は人を超えるのか。
なんかくやしい。

関連記事

  1. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  2. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  3. SNS活用の効果が高いのはどんな農家?どんな情報を発信すればいい?

  4. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  5. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!

  6. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!