大晦日の締め

専業農家としての第一歩を踏み出した2006年。

サラリーマン稼業と決別してはたして自営でやっていくことができるのか?という不安をかかえた状態での決断でしたが、やってみたらなんとかなりました。

動いてみればなんとかなるもんです。

もう一年だけ兼業で・・・なんて調子だったら今の状況はないでしょう。

結果オーライですね。

来年の目指すところは「農家の品格」か「稲バウアー」か。

ご期待ください。

松本自然農園は着実に成長しました。

たくさんの野菜を買っていただき、たくさんの出会いがあり、そこから雑誌掲載やTV出演をさせてもらいました。

そのせいか一部マニアの間では知られる存在になってきたようです。

初めて会う人なのにHPを見て知ってくれてたりするとドキッとすることがあったりして。

有名人気分になれるけど、悪いことはできませんなぁ。

畑自体は2年目。

僕が大ざっぱなせいか雑な管理がかなり目につきますが、それが野菜にとって心地よい管理ならヨシとしましょう。

幾何学的な畑は望むところでありません。

反省点は多いですが確実に栽培技術は上がっているので、来年はさらに期待できます。

よそ様の野菜が食べられなくなるような特徴のある味を追求していきましょうかね。

2007年はどんな進化をとげるでしょうか。

松本劇場を引き続きお楽しみください。

今年一年ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

関連記事

  1. SNS活用の効果が高いのはどんな農家?どんな情報を発信すればいい?

  2. トラクター必須 思い込み問題

  3. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

  4. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!

  5. 【耳勉】キュウリの種まきしながら自分をアップデート

  6. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた