なんのためにこの作業をするのか。
次の工程のことを考えるとどのように作業するのが効率的か。

というようなことを考えながら作業する必要があります。
ただの作業員なら言われたことをこなせばいいんですが、農園主は管理責任を負っているので効率を追求して結果をださなければいけません。

たとえば
通路に生えている草を畝に植えてあるナスに敷き草として使いたい。
というときに通路を草刈機で刈っていくわけですが、草がナス側に寄るように動かしますよね。
そうしないとあとで草を熊手などで寄せる一手が加わるからです。

たとえば
種を播きたい。
というときに種を落としていく溝を切りますが、野菜の種類によって溝の深さを変えていきます。
ニンジンは発芽するのに太陽の光を必要とするので、あまり深い溝を切ってしまうと発芽率が落ちてしまいます。
どの野菜の種を播くのか、溝を切るときには把握しておく必要があります。

たとえば
野菜の株回りの草をとる、通路の草を刈る、肥料を与える
という三工程があったときにどの順番で作業していくのがよいのか。
そこには野菜と草との勢力争いが関係してくるのですが、順番をまちがえるとその後の生育に影響が出てくる可能性さえあります。

耕す、種を播く、草を刈る、肥料をまく、収穫する
という一連の作業を組み合わせていくなかで、いかにして手数を減らしていくのか。
これ重要。
限られた時間は有効に使いたいものです。

僕は研修生に対して細かい指示を出すことはあまりありませんが、それは自分の頭で考えて欲しいからです。
このことによる失敗は多くあります。
経験も技術の蓄積もないんだから当然です。
研修中の失敗は僕がフォローすればいいわけで、僕の役割は研修生が自分の頭で考えて行動できるように導くことだと思っています。