サラリーマンの年収って気になるよね

年の瀬になってくると気になるのが経営上の数字。
売上とか利益とか年収とか、そういうやつのことです。
個人事業者とサラリーマンの収入を比較すること自体おかしいのですが、それでもやっぱり数字を見ながら気にしてしまいますね。
元々サラリーマンやってたし、収入の面でも今の仕事に移ってよかったと思いたいんですよ。

サラリーマンの年収に当たるのが自営業者でいうところの利益。
売上から経費を引いたものです。
これをなんとかサラリーマンと肩を並べたいと思っています。

ここで、国の統計から拾ってきたデータより年収をさぐってみます。
平成20年のデータですが・・・
まずベースになる男性の全年齢平均年収は532万円です。
ところが都道府県別に年収を見てみると
愛知県の場合
男性平均 591.3万円
うーむ、けっこうハードルが高いです。
ここまで稼ぎたいかは別としても、このレベルに達するにはまだ何年もかかりそうです。

落としどころを探るために別の統計からデータを拾ってきてみます。
年齢別(男性・全国)でみると
30~34歳 453万円
35~39歳 530万円

すこしハードルが下がりました。
ここまで見ていくと、目指すところは34歳の僕の場合480万円ほどでしょうか。
なるほど、なるほど。
みんなこんなに稼いでんの?
すごいね。

さて気になる松本自然農園の数字ですが、就農希望者のためには公表すべきだと思うけれどお客さんもブログを見てくれていることを考えると公表したくないなぁと思うところもあって悩むところなんです。
ただ昨年末もなんだかんだ言って書いてしまったので、まあそんなに悪い数字じゃないですし年内には書こうと思います。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. モロヘイヤの初期収量をアップするには

  2. 【耳勉】キュウリの種まきしながら自分をアップデート

  3. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  4. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか

  5. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  6. 春に定植するときに気を付けるべき5つのポイント