カブとトマト、どっちが優勢?


わさわさと茂っているところにはカブが植えられています。
カブそのものはいたって順調で、今は直径3cm〜5cmほどの大きさに成長しています。
で、問題なのはカブではなくてトマト。
このワサワサの真ん中にトマトが植えられています。
はっきり言ってカブに負けています。
他の列のトマトに比べても生育が遅いです。
ちょっとやりすぎたかもしれません。

今日はむちゃくちゃ暑かった。
日中の最高気温は豊田市の観測所で28.9度。
夏日です。
草とりをしていても、トマトの誘引をしていても、何をしていても汗が吹き出してきます。
まさしく夏です。

こんなに暑くても僕は長袖で仕事をします。
直射日光で日焼けするほうがバテることを知っているからです。
もちろん帽子はツバの広い麦わら帽子タイプ。
完全装備で今年も夏に挑みます。
さあ来い、夏!

関連記事

  1. 【耳勉】キュウリの種まきしながら自分をアップデート

  2. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  3. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

  4. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  5. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  6. 【救出】あなたは草を育てているんですか?