なんでも売るには説明責任が必要

自分の育てた野菜つまり商品を自ら売るときには、その商品を説明するという責任が生じます。
義務ではありません。
あくまで自己責任。
とくに安全や安心を売りにするような販売形態の場合、その説明の仕方や内容が信頼度を左右することもあるので要注意です。

その野菜を、どんな想いでどんな育て方をしてどのように収穫まで至ったのか。
その野菜にはどんな特徴があってどのように扱うと美味しくいただけるのか。
伝えるべき多くのことをうまく簡潔に伝えることが重要
だと思います。

そしてこの説明責任を強く実感するのが間引き菜を出荷するとき
ふつうはスーパーなど小売店に並ぶことがなく、畑に捨てられてしまうのがほとんどの間引き菜。
最初は込み合うくらい密に植えておいて、育ってくると光や空気がしっかりと取りこめるように間を抜いていきます。
こうして抜いたのが間引き菜。
抜かれてしまったものも立派な野菜なのですが、スーパーに並べるような一人前ではないため畑で捨てられてしまいます。
もしくは農家自身の食卓にあがります。
間引いたとはいえ若くてエネルギッシュなので美味しさは極上なのですが、味わえるのはごく一部の人のみ。
もったいない話です。

うちではこういう間引き菜も出荷の対象になります。
もったいないから?
そうですね、それもあります。
間引き菜にあるストーリーを知ってほしいから、というほうが理由としては大きいですね。
スーパーにある野菜だけがすべてじゃないと。
そのサイズに至るまでには様々な生長過程があり、それぞれの生育サイズで食感や味が変わってくることを知ってほしいと思っています。

毎週野菜セットを購入すると、小さな間引き菜からはじまって、小売店サイズの小株・中株になり、最後には◎kgにもなる大株に至る生長をみることができる野菜もあります。
順調に大きくなっていたのにパタッと野菜が届かなくなった、じつは病気で枯れてしまった、なんてこともあります。
収穫適期をすぎてトウ立ちしてしまい花が咲きそうなものが届いた、なんてこともあります。
とにかく野菜は生長するので、毎回同じサイズ・形でお届けすることができず、そういうことを伝えるのは直販している農家の責任だと思います。

そうした一見すると規格外の野菜をお届けするためには、どうしてそのような姿なのかを説明することが必要で、それができればやらしい話どんなものでも売れるでしょうね。

たとえばカブ。
まず間引き菜で売って、次に小カブ、中カブ、大カブと収穫していって、最後にトウ立ちしてしまったところを摘んで菜の花として売る。
これがうまくできる農家はウハウハでしょうね。
僕はまだそこまで到達できてませんが。

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  2. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  3. 【救出】あなたは草を育てているんですか?

  4. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  5. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  6. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方