たけとり物語

今日は竹とり。
日中は予定があったので夕方くらいの1時間ほどやりましたが、ほんのちょっとやっただけでクタクタになってしまいました。
まだ寒いのに汗だく。

着ていた服も脱ぎ捨てるほどの暑さ。

のこぎりで地際でカットして、ずるずると引きずって一箇所に集める。
書くとこれだけなんですがかなり疲れます。
のこぎり使うのは疲れる。
そして山の斜面に生えているので移動だけで大変。
太くて長いのを引きずって歩くのはけっこう重労働ですね。
冬を越えて衰えてしまった体力では竹と格闘するには覚悟がいります。

なんで竹をとってくるかというと、ひとつは畑で使いたいから。
もうひとつ、どんどん切っていかないと家の敷地まで侵入してきてしまうから。
やっかいな竹が裏山にあるってのは怖いですね。
竹が欲しい方、どうぞご一報ください。
自分でとってくるならタダであげます。
とってきたのを頂戴、というのはナシ。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?

  2. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう

  3. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  4. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  5. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  6. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰