たけとり物語

今日は竹とり。
日中は予定があったので夕方くらいの1時間ほどやりましたが、ほんのちょっとやっただけでクタクタになってしまいました。
まだ寒いのに汗だく。

着ていた服も脱ぎ捨てるほどの暑さ。

のこぎりで地際でカットして、ずるずると引きずって一箇所に集める。
書くとこれだけなんですがかなり疲れます。
のこぎり使うのは疲れる。
そして山の斜面に生えているので移動だけで大変。
太くて長いのを引きずって歩くのはけっこう重労働ですね。
冬を越えて衰えてしまった体力では竹と格闘するには覚悟がいります。

なんで竹をとってくるかというと、ひとつは畑で使いたいから。
もうひとつ、どんどん切っていかないと家の敷地まで侵入してきてしまうから。
やっかいな竹が裏山にあるってのは怖いですね。
竹が欲しい方、どうぞご一報ください。
自分でとってくるならタダであげます。
とってきたのを頂戴、というのはナシ。

関連記事

  1. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  2. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!

  3. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  4. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

  5. 【補助金】日本の農家は補助金で甘やかされている?海外比較すると見えてくる現実とは・・・

  6. 【救出】あなたは草を育てているんですか?