おつかれさま、ちょっとはプラスになったか?

今日、一人の若者が去っていきました。
5ヶ月間の研修を終えて松本自然農園を卒業することになった、研修生第一号です。
なにせ研修生の受入れは初めてだったので、たいしたものは提供できなかったなぁと反省するところも多いですが、ちょっとでも役に立つようなことがあったなら送り出す身としてはうれしいかぎりですね。
いろいろな事情でブログで彼のことはほとんど紹介してませんが、きっちり真面目に研修を受けてましたよ。
5ヶ月間おつかれさまでした。
いつでもまた遊びに来てください。
仕事しろとはいいませんから。

研修生を受け入れるのはもう一年先にしようと思っていたところへ強引に風穴を開けたのは、現・研修生のしまっちです。
でも実際に研修生一号となったのはしまっちではありませんでした。
しまっちが開けた小さな穴を、大きく広げたのは・・・彼でした。
今日去った彼もまた、強引に入ってきた一人だったということです。
まあ逆に言えば、研修生の募集をしていない以上は強引に入ってこないと拒否されるということですね。

端境期を迎えて心機一転、研修生が入れ替わって心機一転。
もうすぐ3月だ、春よ来い。

関連記事

  1. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  2. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  3. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  4. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!

  5. 農家向け補助金探しのパワーツール「逆引き事典」を積極活用せよ!

  6. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない