農業を仕事にしたいけど収入をしっかり得られるのか不安、田舎暮らしで有機農業・有機栽培をやりたいけどノウハウがない。近くに農業研修を受けるような農家がない、サラリーマンとして勤めながら就農の準備をしたい。そんな人にお勧めの情報がつまっています。
動画で農業

産業としての農業

【誤解】農業人口激減で日本沈没?!新規就農するなら今でしょ

平成2年には293万人いた農業者が、平成30年には145万人に。 たった30年かそこらで農業者人口は半分ほどに減ってきています。 そして高齢化。 サラリーマンの定年退職が65歳になってずいぶんと経っていますが、定年後もせ …

【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  統計データによると、農業では大規模ほど効率よく稼げるようになります。 1haクラスの農家より10haの農家、もっと大規模になればもっと稼げる。 それは時給という指標でみれば明らかです。 そしてこのような差は …

【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?

  専業農家と兼業農家。 けっこうよく聞く言葉だと思うので、その意味も含めてあえて説明する必要はないでしょう。 そして昨今では専業農家は絶滅危惧種のように扱われるようになってきました。 それくらい兼業農家が増え …

【統計】大規模農業ほど儲かる?小さな農家に生き残る道は残されているのか

  ふつうに農業をやっていれば時給は1000円程度。 それは以前から知っていました。 だから普通の農業はやっちゃだめだ、既存の手法に縛られることなく挑戦していかなければ平均を超えていくことなんて無理だ。 そう思 …

【国連公認?】小農が世界の流れ。小さな農家は時代の波に乗れる?

  2018.11.22 日本農業新聞より 米国で開かれている国連総会第3委員会は日本時間の20日未明、「小農と農村で働く人びとの権利に関する国連宣言(小農の権利宣言)」を賛成119の多数で採択した。家族経営な …

オイシックス・ラ・大地って・・・トップ3がくっついたら最強すぎ?

  2018年10月、有機農業界に衝撃が。 有機系食品宅配業のトップ3である オイシックス、らでぃっしゅぼーや、大地を守る会 が経営統合。 一強多弱の時代へと突入しました。 家族経営規模で小さくやっている有機農 …

ユーチューバーのグレーゾーンと有機農家のグレーゾーン。比較してみたら全然違ってた!

  有機農業の世界には2種類の農家がいます。 国の認証制度有機JASを受けている農家と、受けていない農家。 受けているほうは、当然ですが正式に有機農家として有機農産物を出荷できます。 一方、有機JAS認証を受け …

小規模農家と大規模農家 戦略も顧客も生き方も違う

  農業を仕事にしている人のほとんどが、規模拡大を目論んでいるわけではありません。 新規就農希望者だって、みんなが将来的に農業法人化を考えているわけじゃないですよね? 家族経営で、家族が食べていけるくらいの収入 …

企業生存率は農業では当てはまらない

  企業生存率 という言葉は御存じでしょうか。 事業を新しく立ち上げた企業のうち、●年後には▲%が生き残っている、という統計です。 国税庁のデータがもとになっている情報ですが、 設立してから5年で15%の企業が …

農家の働き方はブラックなのか

  農業に対する世間のイメージは様々です。 牧歌的なゆったりのんびりしたイメージがある一方で、朝から晩までひたすら働く過剰労働をイメージされる方もいらっしゃると思います。 もちろん。 農家によって、農業法人によ …

1 2 »

運営者情報

プロフィール顔 管理者:松本直之

動画で思考

PAGETOP