例年だとゴールデンウィークが明けたくらいから発送を再開するのが松本自然農園スタイル。
野菜の生育に無理をかけないで収穫までもっていくと、だいたいそれくらいの再開が好ましいとの判断で毎年そうしています。
今年は野菜セットが1月末で終わってしまったこともあり、3か月も休むとお客さんが待ちくたびれて逃げてしまうかも?という恐怖から栽培を前倒しして進めていました。
うまくいくのかわからず滅多に使わないビニールトンネルなんぞかけたりしながらやってきましたが、なんとか無事に4/15に発送を再開することができました。
(やってみた感じではビニールトンネルは必要なさそう)

なんだ2週間ほど早まっただけかと思うなかれ。
この2週間はかなり大きいです。
今の面積で今の出荷数だと栽培量が足りず2月の時点で野菜が無くなってしまうこともあるけど、3月中旬くらいまで出荷していたこともあるので面積を増やせばおそらくそのくらいは可能です。
そこへ4月中旬から再開できるノウハウが加わったということは、出荷を休止する期間を1ヶ月にすることもできるということです。
もうすでにそういうノウハウをもって実践している農家もいらっしゃるので威張るような技術ではありませんが、やれるという確信がもてたところに大きな意味があります。

毎年気候が違うため再現性が乏しく「農業は毎年1年生」とはよく言われますが、蓄積されていく知識や経験は1年生のものとは全く違います。
1年生のつもりで初心を忘れずに向き合いたいとは思いますが、常に上を目指して階段をあがっていきたいものです。