農業研修で心がけること-知識の蓄積

以前に書いた記事の中で、
100冊くらいは読んでから就農しなさい!
というニュアンスで発言していますが、いったいどんな書籍を手に取ったらいいのか分からない方へ。
覚悟を決めて農業で生計を立てていくと考えているのであれば、まず最初に読んでほしいお勧めの書籍があります。

農業をビジネスとしてしっかりとらえつつも、小さな農家としてやっていきたい人にお勧めの書籍です。
個人経営の小規模農業をされるのであれば、必ず読んでおきたい一冊といえます。
参考にしてみてください。


農で起業する!とはどんな本か

農で起業する
著書は杉山経昌(すぎやまつねまさ)氏。
外資系大企業の営業統括本部長をつとめていたサラリーマンが、20年以上勤めた会社を辞めて農業の道に進んだ実体験をもとに書かれている書籍です。
宮崎県綾町でぶどう農園を経営し、週休4日の悠々自適な暮らしをするに至ったノウハウをわかりやすく説明しています。
脱サラ新規就農を考えているのであれば、必ず目を通しておいてほしい書籍だと言えます。

合理的にかつ理論的に農業経営を考え、経験と勘に頼っている農業ではなくデータによる分析から科学的に効率的に経営を実践しています。

非常に合理的で、
ここまでやらないと成功できないのか!
と、真似するのは無理だと思わせるような内容もありますが、経営に関しての考え方は非常に参考になります。

「快適、かっこいい、金が儲かる」
という3K農業をおもしろく伝えている本書は、まさに新時代の幕開けを予感させてくれます。
農業経営のコツを杉山流にわかりやすく書いてあるので、経営を学んだことのない人にもサクッと読めますし、いちおう農業書ですが経営書としてもじゅうぶん耐えられる内容になっています。

本書の中でもとくに印象的なのが、
収入に対する時給3000円、収益に対する時給2000円、年間労働時間夫婦で3000時間という基準をもうけた「3・2・3ガイドライン」です。

900万円の売り上げから経費を引いて600万円が収益として残る。
それを年間労働時間夫婦で3000時間におさえて達成する。
というようなことを決めたガイドラインです。

朝から晩まで家族総出で働いて、それでもたいした収入にならない農業の世界において、余裕をもった時間管理をしながら欲しいだけの収入を得る。
そんな大それたことをさらっと書いているので、私がこれを読んだときには大きなショックを受けたことを覚えています。
3000時間働いて600万円の利益を得る、つまり時給にして2000円かぁ・・・。
すげぇなぁ、と感心した記憶があります。
その当時、私は新規就農1年目。
赤字経営をしていたころです。
就農して10年をすぎた今となっては、「3・2・3ガイドライン」は雲の上の目標ではなくなってしまいましたが、新規就農者にとっては非常に参考になる指標だと思います。


農業をビジネスとして考えられる人であれば、共感できるところや参考になるところが非常に多い書籍です。
本当に100冊くらい農業関連本を読むつもりであれば、まず最初に読んでほしい良書としてお勧めします。

 

 

 

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機栽培農家・松本がやってしまった間違いとは?

農業をやりたいと考えたときに最も重要なことは

栽培技術の習得

であることは間違いありません。商品ができなければ何も始まりませんから。
ちゃんと作物を栽培できて、ある程度のレベルの農作物を自分で作れるようにならなければ、当たり前ですが買ってくれるお客様はいないわけです。
だから栽培技術を身につけることは最低限やらなければならないはずです。

じゃあここで、あなたが、農業のなかでも難しいとされる無農薬栽培に挑戦しようと考えていたら・・・。自分の育てたものを消費者に直接お届けしたいと考えていたら・・・。

それはほとんどの場合。
有機農業では王道とされる、野菜セット農家になるということです。
たくさんの種類の野菜や果物、米などを育てて、それを詰め合わせボックスという形でお客様へお届けする。
そういう農家です。

当サイトの管理者・松本は、この野菜セット農家になるときに大きな間違いをしてしまいました。

それは・・・

つづきはこちら