意識してこそのレベルアップ

研修生と一緒に仕事をしていて気になるのは作業のペースが人によってまったく異なること。
苗を植える作業ひとつとっても、がっつり速い人からゆっくり丁寧な人まで様々です。
もちろん作業内容によって、種播きはめちゃくちゃ速いんだけど刈払機を使わせたらとんでもなく遅い、ということもあり得ますが、速い人はどんな作業をやってもたいてい速いような気がします。

僕が考えるに、作業にはいくつか押さえるべき要点があります。
ステップ1:丁寧さ
正しい(と思われる)手法で、野菜を痛めないように丁寧に確実にある程度の基準を満たしたレベルでこなしていく。

とにかくミスなく正確に仕事を進めます。
ステップ2:スピード
ステップ1での丁寧な仕事を、とにかく速くこなせるようになること。
そこには丁寧な手順から手を抜いても大丈夫な工程を省いてスピードアップする技術も含まれます。
ステップ3:連携
他の作業者の動きやスピードを考慮して、自分がどの作業をどういうタイミングでこなせばいいのかを判断しながら仕事を進めていく。
ひとりでやるなら関係ないですが。

総じてスピードはかなり重要です。
苗を1000本植えるとして、ひとりは2時間かかったのがひとりは4時間かかったとすると、この時間の差は年間の労働時間全体に及んでくることがあります。
Aさんが1500時間で済んでいる労働が、同じことをBさんがやって3000時間かかってしまうかもしれない、ということです。
これはそのままその人の稼ぎに直結します。

僕はけっして作業スピードは速いほうではありませんが、たいていの研修生はもっともっと遅いです。
経験の差は歴然とありますがそれを理由にしていたらいつまでたっても速くならないので、常に作業の効率やスピードを気にしながら目標を設定して仕事にあたってほしいなぁと思います。
手の速さは意識しないと変わりませんよ。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. ナスの芽かきと多品目栽培のキモ

  2. 春に定植するときに気を付けるべき5つのポイント

  3. 春のアブラナ科抽苔を防ぐ3つの方法

  4. 芽かきした脇芽を苗に育てる方法

  5. 脇芽トマト苗が仕上がってきたので定植します

  6. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・