子連れツアー

くもり空のなかジャガイモ掘り。

毎年恒例になっています。
平日の昼間から奥様方とたわむれることができる特権イベントです。
もとい、小さなお坊ちゃんお嬢ちゃんと遊べる特権イベントです。

途中雨がザーザー降ってきてもブルーシートにくるまってやりすごすようなワイルドな集まりで、それでいて丁寧な仕事ぶりがすばらしいです。
大量にジャガイモを茹でたのに、それをほとんど子供たちだけで食べてしまう豪快さがすごい。
塩すらふらないそのまんまのジャガイモなのに美味しいのは掘ったあとに外で食べるからでしょうね。

子供って大きいジャガイモだから喜ぶってもんでもないんですね。
大人だったら見向きもしないような小さいイモをみて喜んだり、黒ずんで腐りかけのイモを見つけて興味をもったり、種芋をみつけて不思議がったり。
いろんな発見をして「なぜなぜ光線」を出すんです。
これに応えてあげられるようになりたいですね。

来年もジャガイモ掘りをするかどうかわかりませんが、子連れツアーはなかなか楽しいです。
大変だけど。

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【お知らせ10/27イベント】有機農業者であれば必見の内容です。

  2. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

  3. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・

  4. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  5. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  6. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?