品種にこだわるということ


これ全部ナスです。
スーパーの野菜しか知らないと「うそつけっ!」と言いたくなるかもしれませんが、ほんとにナスです。
形も色もまったく異なるこれらのナスは、味も食感もやっぱり違います。
食べ比べるとおもしろいです。

この中でも緑色のナスは松本自然農園で種とりを続けてきて3年目になる品種。
果肉の柔らかさが普通のナスとぜんぜん違います。
とろーりとろけるので煮込みには向きませんが、ナスとは思えない食感は特筆ものです。

ナスに限らず、トマトやピーマン、キュウリ、オクラ・・・すべてにおいて特徴的な品種を使うようにしています。
それはおいしいと言われている品種を選んだ結果であり、見た目でも楽しんでもらおうという気持ちの表れでもあり、野菜には品種という分類があるんだということを知って欲しいからでもあります。

品種にこだわる松本自然農園をよろしく。

関連記事

  1. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  2. 農家向け補助金探しのパワーツール「逆引き事典」を積極活用せよ!

  3. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  4. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  5. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  6. 【お試し】ズッキーニがオクラのように高くそびえたつ・・・だと!?