カイゼンテイアン

研修生が動き出して数日がすぎました。
全体像が見えていない中でのいきなりの作業にとまどいがあるようですが、それは農家へ研修に来た時点であきらめてもらいましょう。
農業経営として、いまどうしてもやらなければならない作業というのが必ずあるので、それがひと段落すれば時間をとって座学のようなことをできると思います。

とはいえ立ち話をしている時間は非常に長いです。
雑談も含めて作業ひとつひとつについて説明がいるからです。
これはひととおりの作業を覚えてしまえば徐々に減ってくるものですが、労働力を提供してもらっている以上は充分な時間をとって知識や経験を伝えていこうと思います。

というギブアンドテイクの関係をもつ研修生ですが、今年の研修生はひとあじ違います。
(毎年すごい面々だと思ってますが・・・。)
初心者の特権「思ったことをズバッと言う」をしっかりと表現してくれます。
そして改善すべきところは指摘してくれます。
これはありがたいです。

自分では最良と思ってやっていることが、他人から見ればもっといい方法があったりするので、そういうところを指摘してくれる人間がいるのは貴重です。
うちのやり方をベストだと思わず、常に上を目指す。
そんな研修生が揃いました。

とヨイショしておきますので、これからも思ったことはズバッと、でもオブラートに包んで僕が傷つかないように、御意見お願いします。
改善提案として書類提出があれば、大根1本から野菜詰め合わせセットセットまで現物支給します。

関連記事

  1. 【対決】小泉進次郎vsJA「負けて勝った」と言い残した小泉氏の真意とは?

  2. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  3. 【お試し】ズッキーニがオクラのように高くそびえたつ・・・だと!?

  4. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか

  5. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  6. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?