農業を仕事にしたいけど収入をしっかり得られるのか不安、田舎暮らしで有機農業・有機栽培をやりたいけどノウハウがない。近くに農業研修を受けるような農家がない、サラリーマンとして勤めながら就農の準備をしたい。そんな人にお勧めの情報がつまっています。
動画で農業

新規就農での心構え

農業を始めるための一歩が踏み出せない人へ

  農業を仕事にすることに興味はあるけど、実際に一歩踏み出すことが出来ない。 そういう人はたくさんいます。 妻がいて、子どもがいて、安定した仕事があって、築いてきた人間関係があって、人はいろんなものに縛られなが …

スナップショット- 23

農業を仕事に 岐路に立ったとき何を考える?

  人生は、よくレールに例えられます。 中学から高校へ、高校から大学へ、そして就職。 一本のレールのようにまっすぐに道が続いていることから鉄道の線路のように例えられます。 そのレールは決して一本ではなく、ところ …

スナップショット- 18

農業の魅力とはなにか 農業におけるゴールは収入だけじゃない

  農業をやってみたい。 農業を一生の仕事にしていきたい。 そのような決意を抱いて農業の道へ進んでいきます。 人それぞれ想いは違いますが、少なくとも農業に魅力を感じて新規就農しているはずです。 ではここで。 な …

スナップショット- 17

プロとアマの違いを意識しよう プロとしての自覚とは?

  家庭菜園が悪いとは言いません。 兼業農家が悪いわけでもありません。 でも。 農業だけを仕事にしている、いわゆる専業農家という人たちは、プロ中のプロだということを頭の片隅に入れておいてください。 アマチュアが …

スナップショット- 16

同窓会に行って何を感じたか 自身の適正を知る

  適正診断 ウェルスダイナミクス 先日、中学校の同窓会があり行ってきました。 懐かしい面々、25年ぶりなのに昨日まで会っていたかのようにすぐに会話が弾む楽しいひと時でした。 そこで私が感じたことは、これから農 …

スナップショット- 15

新規就農におけるハードルの高さは人によって違う

  新規就農しようと思ったときの、その人が置かれている立場によってハードルの高さはまったく違ってきます。 たとえば独身者と妻帯者。 農家のこせがれと非農家出身者。 たんじゅんに考えれば妻帯者のほうがハードルが高 …

スナップショット- 12

お金と時間も大切だけど人生を楽しめるかがカギ

  農業という現場で人生を楽しんでいるなぁと感じる人は多いです。 金銭的にはもしかしたら苦しいのかなと思うような人でも、笑顔で農業を楽しんでいる。 朝から晩まで休みなく働いて、時間的にも余裕がなさそうなんだけど …

スナップショット- 11

新規就農とドラゴンクエストの共通点 ゲーム感覚で農業を楽しもう

  ※動画内画像の著作権はスクエア・エニックス社にあります。 参考文献:人生ドラクエ化マニュアル ドラゴンクエストやったことありますか? テレビゲームでおなじみのドラクエのことです。 今回は。 新規就農してスタ …

スナップショット- 6

新規就農する勇気を持つ あなたを取り巻く3つのじんざいとは

  生活できるだけの稼ぎが得られるか分からない、失敗して路頭に迷うかもしれない、という心配は就農する本人じゃなくてもしてしまうもの。 親であれば心配して当然だし、反対する気持ちもよくわかります。 でも・・・。 …

スナップショット- 5

農業は毎年一年生 だからおもしろい

  よく言われます。 農業は何年続けていても、毎年が一年生のようなものだと。 たしかにそうです。 初心に帰る、という意味でも一年生のつもりでやっていくことは大切だと思います。 でも。 毎年一年生、だから大変だ。 …

農業は毎年一年生
« 1 2 3 5 »

運営者情報

プロフィール顔 管理者:松本直之

動画で思考

PAGETOP