現代農業において農機は欠かせない存在です。
稲作に代表されるように農作業の大部分は機械に頼ることができますし、経営を考えるなら機械の導入は避けては通れない道です。

でも。
どこまで機械化していけばいいのでしょうか。
経営とか効率を追求してあれもこれも機械に頼ってしまっていいのでしょうか。
今回はその線引きについて、農業の魅力とからめながらお話ししています。