農業を仕事にしたいけど収入をしっかり得られるのか不安、田舎暮らしで有機農業・有機栽培をやりたいけどノウハウがない。近くに農業研修を受けるような農家がない、サラリーマンとして勤めながら就農の準備をしたい。そんな人にお勧めの情報がつまっています。
農家の思考
  • HOME »
  • 農家の思考 »
  • 自分を知ることが成功への第一歩

自分を知ることが成功への第一歩

万全の態勢を待っていたら新規就農できません

新規就農するには多くの準備があります。 農地を借りたりするのはもちろん、栽培技術を学んだり、スタートに必要な資金をせっせと貯めたり、会社や家族を説得しなければならなかったり。 すべてがしっかり整ってから就農しよう。 不安 …

車を押す

限界を知って朝から晩まで働ける農家になろう

農家は体が資本。 よく言いますよね。 実際、体が丈夫じゃないとやってられないよな~と感じることは多々ありますし、倒れてしまったときは仕事が進まなくなるので死活問題になります。 体が資本というのは間違いありません。 そして …

重力修業

変人は最初から変人だったわけではない

たくさんの種類の野菜を育ててそれを家庭や飲食店に向けてお届けしている、いわゆる 野菜の詰め合わせセットをご家庭に直接お届けします! という農家。 多品目有機栽培農家と呼んだりしていますが、彼らの特徴として 変人が多い と …

馬鹿になれ

農業は身体が資本 いざというときに備えておく4つの方法

先日の記事で、熱が出てフラフラするくらいだったら 頑張れ! という話をしました。 熱がでてフラフラしている状況で仕事をするべきか お客様にご迷惑がかからないように頑張るのは当然だ、サラリーマンだってそれくらいのことを当た …

健康診断結果

熱がでてフラフラしている状況で仕事をするべきか

生きていれば病気になります。 人によって頻度は様々ですが、誰だって10年もあれば何かしらの病気にかかるものです。 風邪を引いたり、インフルエンザにかかったり、ものすごい頭痛に襲われたり。 そんなときでも畑では作物が育って …

発熱

農業を仕事にするのに年齢は関係あるのか

農業を始めるなら、若ければ若いほうがいい。 という意見があります。 一方で。 新規就農者の年齢は60歳以上が半数を占めているし、既存の農業者も高齢化しているのに頑張っている。 年寄りでもできるじゃないか。 という現状があ …

ダンボール

農業に就職するとは? 農家はサラリーマン思考では食えない

農業を始めるには、大きく分けるとふたつの道があります。 農業法人のような会社組織に就職するのか。 それとも。 起業開業という形で自らが事業者となって独立就農するのか。 サラリーマンのように雇われる立場になるのか、自分が雇 …

トップリバー

少量多品種有機栽培農家に共通している「変人」という資質

農業の世界には、ひとくちに農家といっても様々な人たちがいます。 年齢、性別、栽培方法、販売先、地域、規模・・・。 そんななかでも 無農薬で米や野菜を生産している有機農家 は新規就農者にとって興味をそそられる農家だと思いま …

考えるリーマン

農業で生計を立てられないから兼業農家、それでいいの?

このブログを見ていただいているということは、少なくとも新規就農を検討しているでしょうし、もしかしたらすでに農業研修を受けているところかもしれません。 あなたが思い描くのは専業農家ですか?兼業農家ですか? 専業農家としてや …

専業か兼業か

日本では大多数を占める職人的農業者に足りないもの

農業者は芸術家である。 と誰かが言ったかどうかは知りませんが、少なくとも私は芸術家だろうと思っています。 土壌条件も気候も毎年違うなかで成果物をつくりあげていく作業はまさに芸術の域。 同じものを作っても100人いれば10 …

スポーツカー
« 1 2 3 4 »

運営者情報

プロフィール顔 管理者:松本直之

動画で思考

  • facebook
PAGETOP