プロからみてすごいと感じても、素人目線ではどっちもそれほど大きな差がない。

という話は農業も例外ではありません。

栽培技術が高いか低いかはあまり問題ではなく、買ってくれるお客さまのニーズをいかに満たせるかが非常に重要ですので、経験の浅い新規就農者でもじゅうぶんに戦っていくことができます。