農業を仕事にしたいけど収入をしっかり得られるのか不安、田舎暮らしで有機農業・有機栽培をやりたいけどノウハウがない。近くに農業研修を受けるような農家がない、サラリーマンとして勤めながら就農の準備をしたい。そんな人にお勧めの情報がつまっています。

時給3000円農業の処方箋、あります

  • HOME »
  • 時給3000円農業の処方箋、あります

今ならテスト期間中につき
3980円(税抜)
→ 1980円(税込)

 

ヘッドライン処方箋

 

なぜ一般的な農家は、ハードワークを余儀なくされ時間に追われ、そして残念な結果に終わるのか?

 

ほとんどの農家が、満足する働き方をできていない理由とは?

 

経営全体図2

あなたはこれら全部を、しっかり把握できますか?

 

これは農家の仕事をまとめた図です。ご覧のとおり、農家にはこんなにたくさんのやらなければならない活動があります。

大きく分けると生産と販売が2つの柱となっており、システム構築や栽培技術、集客のためのホームページ作成などを重要な仕事として、たくさんの具体的な業務があります。

農家の仕事を自動車に例え、生産と販売は両輪、経営を躯体として、経営資源(ヒト・モノ・カネ)をエネルギーにして自動車は走っていきます。

そして、この自動車を運転して走らせるのが、農業者です。


 

全然進まないストレス!

時給に見合わないハードワーク!

そして残念な結果…

 

やるべきこと、やりたいことが多すぎて全然手が回らない。目の前にどんどんやってくる仕事を、どうやってこなしていったらいいか分からない。
朝から晩まで身を粉にして働いているのに、アルバイトをしていたほうがマシじゃないかと思えるような収入しか得られない。

やるべき仕事をちゃんと把握して効率よくこなしていかなければ、働いても働いてもいっこうにラクにならない状況へ落ち込んでしまいます。

 

農水省の統計によると、野菜農家の時給は平均するとだいたい1000円前後程度であるという結果が出ています。

 

これはつまり、一般的なやり方に従って広く知られている方法で農業をやれば、時給1000円程度の働き方しかできないということです。
もし一般的な農家から学んで農業をしてしまえば、やはり普通の結果にしかならないのは当然のことなのかもしれません・・・・。

 

 

真似をしても望む結果が得られないとわかっていても、

なぜ一般的なやり方で仕事をしてしまうのでしょうか?

 

なぜこんなことになってしまうんでしょうか?農業に大きな魅力を感じて新規就農したはずなのに、苦しい未来しかないのでしょうか?

 

「どうすればこの状況を脱却できるのか?」

それが今回ご提供する、「週休3日&時給3000円農業経営ノウハウ」のメインテーマです。

これは私自身の知識・経験をまとめたもの。実際に10年以上農家としてやってきて、結果をもとにノウハウとしてまとめたものです。

松本直之1

私は、松本自然農園という屋号で野菜を育てている農家です。
今年で12年目を迎えています。

農地なし、家なし、栽培技術なし、経験なし、資金なしというオールゼロからのスタートでしたが、おかげさまで5年目くらいにはなんとか家族を養っていけるだけの収入を得ることができました。

現在では、規模拡大路線をとっていないので収入こそ大きく変わっていませんが、経験の蓄積と共に栽培技術や経営能力が上がり、時給に換算すると3000円を大きく超えるような働き方ができるようになっています。

一般的なサラリーマンの2/3の労働時間で、サラリーマンと同等の収入を得る。そういう働き方です。

 

私と同じように野菜セットを作っていく農業をやりたい、そういう人たちを研修生として受け入れて経営&栽培ノウハウを教えるようになったのは5年目くらいからです。
農業の魅力はたくさんありますが、やっぱり収入が伴っていなければ仕事として楽しめない。
そう感じる人たちが私のところに集まってくれています。
そして一年間の研修を経て、次々と新規就農しています。

 

「最強の脱サラ新規就農」ブログの誕生

農業は、工業や商業などと比べると労働生産性が低いと言われており、きつい・きたない・きけんの3Kを満たした上に収入も低いという事実があります。
すべての農家がそうだとは言いませんが、全体としてはおそらく間違っていません。
そんな農業でも、魅力を感じてくれる若者がたくさんいます。

事実、農家になりたいという意気込みを、私のところに見学へ来ていただいたときに感じることが多くありますし、世間に言われるような3Kなんて気にする様子もないように見受けられます。

そのことはすごくうれしいのですが、3K&低収入のままでは農業の発展はありえませんし、前途ある若者が農家になったばっかりに苦しむことになるのは見ていてつらいです。

 

だったら自分がこの業界を変えてしまおう!

それくらいの気持ちで始めたのが「最強の脱サラ新規就農」というブログです。サラリーマンが農家になるときに役に立つ情報、農家になったときにしっかりとした収入を得ていくための情報。私自身が新規就農のときに欲しかった情報を集めて、整理して、ブログの記事として提供しています。


個人もしくは家族経営の小さな農家がサラリーマンを超えるような収入を得るための方法。それは確実に存在します。せっかく持っている貴重な情報を、自分の中で埋もれさせてしまうのはもったいない。研修生にだけ伝えるのはもったいない。この情報が欲しい人たちはもっといるのではないか、と考えたのがブログをつくった大きな理由です。


このページを読んでいただいているということは、少なくともいくつかのブログ記事を読んでいただいているはずです。その内容があなたにどれくらいの影響があったか分かりませんが、もしすべての記事を読んでいただければ優秀な農家になれるだけの知識を得られる、それくらいの情報はご提供しているつもりです。

ただ、ブログに書かれている内容はほとんどが「考え方」です。人と違う視点を持ち、一般的な農家を超えるための考え方について書かれています。

実際に農家になって、練り込まれた知識を使って実践していくには具体的にどうしたらいいのか。そこには触れられていません。

 

それには理由があります。

私が持っている情報は「一般向け」ではないからです。
 

その内容は、一般的な農業の現場ではあまり意識されていない概念を紹介していたり、既存の農家とは違った手法で高い収入や豊かな生活を得る方法だったり、農業界では常識とされているやり方を真っ向から否定していたり。

もし本になったとしても書店では売りにくい情報です。だからブログ記事として書けません。

 

そこで考えついたのがブログ内の「週休3日&時給3000円農業経営ノウハウ カテゴリ」というサービス。


週休3日&時給3000円の農業をするためのノウハウについてカテゴリを用意し、その中に実践的な内容の記事を盛り込んでいます。書かれている記事にはパスワードがかかっており無料ではなく、有料で記事を読んでいただくサービスです。

一度パスワードを解除していただければ、ブラウザを閉じるなどパスワードが無効にならないかぎり、ブログ内のすべての記事を読めるようになる。そんなイメージです。

 

記事にパスワードをかけるというサービスについて最初は躊躇しましたが、

 

「一般受けするありきたりな情報ではなく、
本当に役に立つ真実に切り込んだ情報をお届けする」

 

という非常に価値あるサービスだと確信しています。

 

「週休3日&時給3000円農業経営ノウハウ」は、大規模農業とは違った道を進んでいく小さな農家のための情報です。経営の仕組みづくり、生産の効率化、販売戦略、小さな農家のマーケティングなど小さくても強い農家になるための方法について書かれています。

いますぐ、この内容をご覧いただいて、小さくても強い農家の働き方を手に入れてみてください・・・。

 

 

目次(記事タイトル)

 

●農業の現状を理解することが全ての始まり
●時給を高めると収入にも労働にもゆとりが生まれる
●販売には戦略が欠かせない 売れ続ける仕組みの作り方
●お客様の顔が目に浮かぶくらい具体的にターゲットを絞りこむ方法
●小さくて強い農家になる 押さえるべき三つの原則
●作業に優先順位をつけて労働効率を高める 考え方編
●作業に優先順位をつけて労働効率を高める 実践編
●農家の仕事を具体的に把握できる経営全体図
●最初に決めるのは年収をいくら欲しいのか、という目標
●働き方改革 顧客目線で無駄をカットする
●栽培を劇的に変化させる方法 その作業は本当に必要?
●前向きなマイナス思考 足し算は簡単だが引き算は勇気がいる
●7:2:1の法則
●付加価値のつけかた 最高のUSPとは
●常識を疑うPDCAの実例10パターン
●ミスを減らしていくコツ 認識できるミスとできないミス
●マニュアル無視!株間や条間は自分に合った最適値を探す
●育苗の基本は季節の再現と3点バランス
●夏野菜のポット育苗は本当に必要なのか
●セルトレイは72穴?128穴?サイズの決め方
●書籍の理想論は現場では通用しない 栽培の自分化
●機械選びのコツ すべての機械はつながっている
●宅配送料の交渉について
●出荷基準を自前で持つことの真のメリット
●リピータだけでは存続できない、新規顧客の獲得ができなければ潰れてしまう現実
●全行程を把握したうえで目の前の作業をこなす

●多品目栽培には独自のノウハウがある
●小さな農家の武器 情報発信力=営業力
●誰も教えてくれない農家ブログやHPの作り方
●無料の営業マンは本当に無料なのか?
●品種選びで経営がかわる
●記録をつける重要性 活用しなければ記録しても意味がない

●屋号の重要性
●商品ラインナップを増やすと売りやすく、売れやすくなる

●経営理念をつくる 農家は食べ物だけを売ってたらダメ
●競合(ライバル)を分析して自分の足場を固めよう

※上記以外にも随時追加してきます。

 

これらの記事については、「最強の脱サラ新規就農」ブログのなかで読むことができます。

 

 

なぜ3,980円(税抜)で販売するノウハウが1,980円なのか

 

その理由は単純です。

今後も継続的に記事を追加していく予定があり、動画での情報提供も考えているので、正規の値段で販売することができないんです。この情報が本当に必要とされているのか、どれくらいの人に支持していただける情報なのかを知りたいから早めにリリースしてみたい、といった理由もあります。

現在は、それぞれの記事を分かりやすく理解していただくために動画での解説を追加していく段階ですので、ある程度コンテンツとして出来上がってきた頃にはテスト販売を終了してしまいます。

記事・動画が増えていっても追加料金をいただくことはありませんので、ぜひ、テスト販売が終了する前に、今すぐ購入ボタンをクリックして、「週休3日&時給3000円農業経営ノウハウ」を手に入れてみてください。

 


決済はBASE株式会社に委託しています。

 

 

今、あなたには2つの道があります。

 

1つ目の道は、今のやり方をそのまま続けていくという道です。もちろん、仕事熱心で真面目なあなたのことですから、そのまま続ければ順調に成長していくことができるでしょう。

今まで通り、休日関係なく頑張って働き、売上を上げる。栽培の勉強会に参加して、新しい栽培を試してみる。生産規模を拡大していく。

これらを繰り返していく・・・つまり、今までと同じやり方を続けるということです。それも一つの選択肢です。しかし確実に言えることは、同じことをやり続けていても、同じ結果しか出ません。

それに、農業を取り巻く環境は日々変化しています。今年はうまくいったかもしれないけど来年もうまくいくとは限りません。今の取引先がこのままずっと続いていく保証はありません。関税撤廃、国産安全神話崩壊、放射能汚染・・・あなたがコントロールできない事態は、いつ襲ってくるか予想することができません。

 

2つ目の道は、「週休3日&時給3000円農業経営ノウハウ」を読んだうえで、正しい農業経営モデルを作っていくという道です。小さくても強い農家になるためにはコツがあります。
経営の仕組みづくり、生産の効率化、販売戦略、小さな農家のマーケティング・・・これらを学んであなたの農業に取り入れていくことで、収入と時間をコントロールできる高時給農業を安定して続けていくことができるようになります。

 

どの道を選ぶのもあなた次第です。正しい農業経営モデルを作るのは、難しくはありません。新規でかかるコストなどはありませんし、難しいシステムを使うということもありません。
その仕組みを知っているかどうか、仕組みの動かし方を知っているかどうか、だけです。

仕組みを作ったうえで実際に動かしていくだけですから、これまでどおり栽培そのものを楽しむことができます。

あなたがもし、仕組みを作り、望むだけの収入とゆとりをもった働き方がしたいと思うのであれば、このチャンスを逃さずに、ぜひ「週休3日&時給3000円農業経営ノウハウ」をご覧ください。きっとすぐに「安い投資だった」と気がつくでしょう。

 

 

 


決済はBASE株式会社に委託しています。


 

特定商取引法に基づく表示

 

PAGETOP