農業を仕事にしたいけど収入をしっかり得られるのか不安、田舎暮らしで有機農業・有機栽培をやりたいけどノウハウがない。近くに農業研修を受けるような農家がない、サラリーマンとして勤めながら就農の準備をしたい。そんな人にお勧めの情報がつまっています。

新規就農セミナー映像 -限定公開-

  • HOME »
  • 新規就農セミナー映像 -限定公開-

もしあなたが間違った農業の始め方を教えられているなら・・・

朝から晩まで働いても満足な収入を得られないかもしれません


 

農業を仕事にしたいと考えて、行政や農業人フェアなどに足を運んで相談する。

研修を受けてから農地を借りて農業を始める。

資材をそろえて耕作し、種を播いて栽培を進め、収穫したものを出荷していく。思ったほど栽培がうまくいかなかったり、作物の販売先が思うように確保できなかったり、想定していたよりも安い価格でしか売れなかったり・・・。

朝から晩まで働いているのに、思っていたほどの収入につながらない。

 

もしあなたが間違った農業の始め方を教えられているなら、あなたはこのような道を辿ることになってしまいます。

 

なぜこんなことになってしまうんでしょうか?農業は自由な時間と、ストレスのない生き方、やりがいのある仕事をもたらしてくれるんじゃなかったんでしょうか?

 

「ほとんどの新規就農者は農業の始め方を

間違って教えられている」

 

私はこのように感じています。そしてこれが、農業を始めようと行政に相談に行っても「見込みがないから」といって門前払いされる原因になったり・・・実際に始めてみたらやるべきことが多すぎて全然手が回らない原因になったり・・・いいものを作ろうと必死になって栽培したのにそれが収入につながらない原因になったりするんです。

たとえば、農業にはこのような伝統的な教えがあります。

それは「いいものを作れば、高く買ってもらえる」というものです。

とにかく栽培技術を身につけて生産に集中して高品質なものさえ作ることができれば、世間はそれを必ず評価してくれて、努力に見合った価格で買ってくれる。そうすれば満足のいく収入につながっていく・・・というようなことです。でも、

 

これは正しい農業の始め方ではありません。

単なる商品開発(生産)のプロセスです…

 

商品開発は農業において大切な活動であることには違いありません。でも、商品開発そのものは農業ではなく、活動の中の一部に過ぎません。

周りを見渡せば、地域で一番栽培がうまいと評判の篤農家。自分の人生をすべて捧げるかのごとく栽培に力を入れている職人農家。など色々な農家がいて、その人たちはそれである程度の成果を出した経験のある人なのでしょう。

でも、そのやり方であなたも「うまくいく」かどうかは、また別の問題です。

 

たとえば、あなたが同じように栽培に集中しても、同じように高品質な作物を生産できるとはかぎりません。そもそも、始めたばかりのころは栽培技術が未熟なのがふつうなのですから、多くの農家は満足できる収入に達するまでかなり時間がかかることになってしまいます。

にもかかわらず、多くの人は「いいものさえ作れば儲かる」と人から教わったやり方で農業をスタートしようとします。

 

多くの農家が時給1000円程度の働き方をして苦しんでいるのに、なぜその農家と同じ道に進もうとするのでしょうか?

 

成功まで辿りつけずに前に進めなくなってしまうのは、間違った新規就農のステップを踏んでいるからです。

 

一般的な農家は、農協など出荷先に言われたとおり作物を育てたり、儲かると聞けば安易にそれに飛びついたり、自分が食べたいものを栽培したりしています。

そして、朝から晩まで必死に働いているのに、時給計算をしてみると1000円にも満たなかったりする。これじゃコンビニでアルバイトしていたほうがいいじゃないか!という収入しか得られない。それが普通です。そうした一般的な農家と同じように、先輩方がやることを真似していけば、同じような結果になるのは・・・当然ですよね。

 

農業を始めるときに最も大事なことは、最初に安定して収入を得られる仕組みを作っておくこと。

あなたがもし、その仕組みを作らずに農業を始めてしまったとしたら、それは破滅への道です。どれだけ働いても、たいした収入にはつながりません。夢と希望を抱いて農家になったのに、毎日がイライラとの戦いで、ストレスばかりがたまってしまいます。


 

もしあなたが、これから農業を始めようとしていて、正しい農業の始め方が分からないと感じているなら、

 

banner15

このセミナー映像はオススメです。

今はサラリーマンで家庭菜園すらやったことがないけど、将来は農業を仕事にしたい。どんな心構えで農業を始めたらいいのか、どんなところに相談に行って、どんなものを揃えて、どんなことに気をつけたらいいのか。知りたいことは山ほどある。

そんな方に向けて、いわゆる脱サラをして農業を始めるときの具体的なステップについて、じっくりと6時間かけて話をしています。

 

農業ってどうなの?と思っている人は、農家になりたくてしょうがない気持ちになり「よしやってみよう!」と行動を起こしたくなる。

やろうと思ってるけど、もやもやした不安がある人は、その霧がすっきりと晴れてゴールへの道筋がはっきりと見えるようになる。

すでに農業をやっている人は、「あーそんなやり方があるんだ。農業ってやっぱり奥深い面白さがあるんだな」と、いまより上のステージに立つきっかけが生まれる。

 

それぞれの立場で、階段を一歩でも二歩でも進んで、人生を前に進めていけるような、そんなセミナーになっています。

 

ぜひ、このセミナー映像をご視聴ください。

 

 

※無料でご視聴いただけます。
※6時間のセミナーを7つの動画に分割してお届けします。
※ご登録メールアドレス宛に動画視聴のためのURLとパスワードをお知らせします。

メールアドレスを入力後、送信ボタンを押してください

 

 


講演者紹介

松本直之1

(※サイト「最強の脱サラ新規就農」の執筆者&管理人です)

私は有機農業をしています。

いわゆる非農家出身者であり、実家のある富山県ではなく愛知県で農業をスタートさせています。新規就農に必要な5つの要素「農地や家、栽培技術、売り先、資金、経験」をなにひとつ持っていないところから始めるしか道がなかったという悲惨な状況でした。

それでもひとつひとつ、必要だと思われるものを揃えていきました。
農業研修を受けて栽培技術を磨き、少ないながらも貯金を増やし、農業経営とはなにかを書籍などで勉強し、知り合いに声をかけて作物が出来たら買ってくれるようにお願いし、行政機関に出向いて農地を借りるための交渉をしました。

そして。2005年より愛知県豊田市の中山間地域にて無農薬・無化学肥料の野菜を生産販売するに至りました。有機農業の王道である少量多品目&直販型定期宅配スタイル、いわゆる野菜セット農家として経営を確立。

現在は、年1~2名の研修生を受け入れて非農家出身の新規就農者を育成中。栽培面積は約1町歩。年収約500万円、年間労働時間約1500時間の時給3000円農業を実践しています。

野菜セット販売農園「松本自然農園」の代表であり、新規就農支援サイト「最強の脱サラ新規就農」の運営者でもある。Youtubeでは数少ない農業系ユーチューバーとして活躍中。

 

 

 

PAGETOP