日本では1970年ころから始まったとされる有機農業運動。
その中心的なスタイルが、育てた農産物を契約している消費者のもとへ直接お届けする産消提携というスタイル。
アメリカではCSAと呼ばれたりしているこの形態について、メリット・デメリットを詳しくお話ししていきます。