近年、有機農業者のなかに
「農薬は安全である」
と主張する人が増えてきています。
科学的にみて安全が保証されているから、使用基準をしっかり守って使えば問題ないと。
一般的な慣行農業者がこれを主張するのはわかりますが、農薬を否定することで安全性をアピールできるはずの有機農業者が、なぜこのような主張をするのでしょうか?