トマト定植のポイント。考えるクセをつけよう

トマト栽培はけっこう奥が深いです。
ほかの野菜に比べても、栽培のバリエーションはかなり多様ですし、それぞれの手法が正解だったりして、栽培者がどのように考えるかによってトマト栽培はその形を大きく変えます。

だからこそ、自分にとっての最適値を考える必要があって。
ただやみくもに、あの人が言っていたからとか、栽培の教科書に書かれていたからとか、そういう安易な決断で栽培方法を決めてしまうのは非常にもったいない。

栽培が多様なだけに、トマトは自己流を追求していってほしいものです。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【所得向上】農業競争力強化プログラムは農業者を支援しないが農業者のためにある

  2. 【悪夢】日米貿易協定で日本の農業が人質に・・・

  3. 【再始動】新しい電子サーモの実力とは?

  4. 【農林業センサス2020】農業者40万人減ったら日本の農業はオシマイなの?

  5. 【産直オンライン】食べチョクをうまく活用すれば農家の販売量は爆伸びする。

  6. ピーマンを定植するときのポイント