われは預言者なり


上にどんどん伸びていくオクラはちょっとのことでは草に太陽権をとられることはありません。
でも地下では根っこ戦争が絶えず起こっていて、こちらではオクラ劣勢の知らせが届いていました。
なのでオクラの草取りをしました。

今日のヘルプによりオクラは地上・地下ともに優勢となり、真夏の気候も手伝ってぐんぐん成長してくれることと思います。
がんばれ、おくら!

とオクラのことはさておき、今日は一日のほとんどで機械を動かしていました。
こういう日は携帯電話が鳴っても気づかないことがほとんど。
休憩のときにケータイをチェックしたら着信が何件かあることもしばしばです。

ところが今日は機械を動かしているときにふとケータイが気になったんです。
なぜだかわかりません。
それで機械を止めて尻ポケットに入っているケータイに手をやると

ぶるぶるぶる・・・

おおぅ、着信だ!

なんとジャストタイミングで電話がかかってきました。
こんなことがあっていいのでしょうか。
予知能力がそなわったのでしょうか。
ケータイの着信電波を体が感じるようになったのでしょうか。

なんだかノストラダムスになった気分です。

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  2. 【耳勉】キュウリの種まきしながら自分をアップデート

  3. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・

  4. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  5. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  6. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・