農業を仕事にしたいけど収入をしっかり得られるのか不安、田舎暮らしで有機農業・有機栽培をやりたいけどノウハウがない。近くに農業研修を受けるような農家がない、サラリーマンとして勤めながら就農の準備をしたい。そんな人にお勧めの情報がつまっています。
農家の思考
  • HOME »
  • 農家の思考 »
  • 販売

タグ : 販売

どこで就農するのかは生死にかかわる重要な問題

農業をやりたいと考えたときに、 どこでやろう? という選択肢があるのは、実家が農家ではない人たちです。 もしくは実家は農家だが長男が跡を継ぐから自分は関係ない、という人たち。 いわゆる親元就農の人たちは、就農地選びなんて …

d0dc5a5e0d3671a2b7656d5bd4057501_s

農産物の魅力を伝えて農家=生産者の枠を超えよう

自分は生産だけに集中したい。 栽培をとにかく楽しみたい。 そんな農家になりたいなら、農協出荷型の農家になればいい。 でも。 自分でつくったものを自分で売っていきたい、といった自営業としての農家になるなら、栽培だけではなく …

A591_I1

農業で稼ぐのは悪なのか? 食糧供給の使命感について考える

農業をやりたいと思っている人はもちろん、すでに農業を仕事にしている人の多くは、 いいものをつくりたい と考えています。 当たり前のことです。 粗悪品をつくって、それをよく見せてうまく儲けてやろう。。。 そんな悪徳商売がで …

稼ぐことは悪

小さな農家の営業は工夫次第でストレスフリー

当サイトでは、農家自身が自分の商品を販売していかなければ利益がちゃんと上がらないという話をよくします。 販売農家のススメです。 ここで。 商品を販売するということは営業するということでもあり、営業と言うとなんだかハードル …

営業マン

栽培技術を高めるのは農家として当たり前 重要なのは魅力の発信

農業をやりたいと考えている人の多くは、栽培をすることに気持ちが向いています。 農業といえば植物や動物を育てること、という当たり前の感覚があってそこに集中している印象が強いです。 実際そうですし。 私はよく、生産も販売も大 …

生産と販売

国が勧める農業の6次産業化を新規就農者はどう見るべきか

新規就農を検討するときに、 自分で育てた大豆で味噌を作りたいなぁ とか 見た目が悪くて売れない野菜を漬物にして売ったらロスがなくていいんじゃないか とか考えたことはありませんか? 農業をやりたい人の一定割合は、自給自足の …

6次産業化ロゴ

パソコンは販売農家にとって必須の農業機械

新規就農に必要なものをこれまでに取り上げて解説してきました。 家や農地などのインフラ 資金 栽培技術 販路 商売や経営の経験 これらは最低限必要なものであって、実際に就農するにあたって揃えるべきものは数多くあります。 た …

パソコンと男性

有機農業やるなら常識!有機野菜と無農薬野菜の違い

有機野菜 無農薬野菜 この2つの違いがわかりますか? 世間一般的にはあまり知られておらず、明確にどこが違うのかを言える人はそれほど多くないと思います。 でも。 農業者にとっては知っていて当然。 有機農業をやろうとしている …

検索キーワード

農業をビジネスとしてみれば集客力は欠かせない

農協へ出荷するとか、卸業者や飲食店や小売店などすでに大口で契約している出荷先があるというのであればあまり意識しませんが、個人の農家が独立してやっていくためには自分の商品(農産物)を自分で売っていくことを考えていく必要があ …

宣伝の意味

農家も販売を意識してwebサイトを持つ時代

オレはアナログな人間だからインターネットなんかやらん! という方はいらっしゃるでしょうし、年配の方々はまだまだ生活のなかにインターネットが馴染んでいないこともあるでしょう。 商売をやらない普通のサラリーマンであればそれで …

岐路
1 2 3 »

運営者情報

プロフィール顔 管理者:松本直之

動画で思考

  • facebook
PAGETOP