農業を仕事にしたいけど収入をしっかり得られるのか不安、田舎暮らしで有機農業・有機栽培をやりたいけどノウハウがない。近くに農業研修を受けるような農家がない、サラリーマンとして勤めながら就農の準備をしたい。そんな人にお勧めの情報がつまっています。
農家の思考
  • HOME »
  • 農家の思考 »
  • 田舎暮らし

タグ : 田舎暮らし

農家になりたいけど、何から始めたらいいか分からないあなたへ

農業を仕事にしてみたい。 農業にすごく興味がある。 そのように考えたとしても、 いったい何から手をつけたらいいのか分からない。 という方は多いと思います。 農家の収入って少ないイメージだけど大丈夫なの? 栽培技術はどうや …

新規就農するなら農家に聞け

田舎暮らしで農業を仕事にする 自給自足は難しくない

このご時世、田舎暮らしを希望する人は決して少なくありません。 満員電車に揺られて通勤するつらさ、なんだか冷え切った人間関係、都会の生活に疲れて、サラリーマンとしての生活が辛くなってきたから田舎で農業でもやろうかと考える人 …

田舎の風景

就農地を決めるときの注意点 気候・地形・商圏を考えよう

実家が農家で跡を継ぐという就農ケースであれば、就農地をどこにするのかという問題はありません。 でも。 サラリーマン家庭で育ち、農業をやりたいと思ったときに家族や親せきを辿っていっても農地を確保する当てがないという場合、 …

棚田

農業の魅力とは? 農業におけるゴールは収入だけじゃない

農業をやってみたい。 農業を一生の仕事にしていきたい。 そのような決意を抱いて農業の道へ進んでいきます。 人それぞれ想いは違いますが、少なくとも農業に魅力を感じて新規就農しているはずです。 実家が農家で、親の跡を継ぐため …

%e7%a8%b2%e7%a9%82%e3%81%a8%e6%89%8b

二極化の時代だからこそ、農家も方向性を定めて突き進もう

今に限ったことではありませんが、農家というのは大きく分けると2つに分類することができるように感じています。 ひとつは。 田舎で暮らしながら農業もやっていきたい、貨幣経済や資本主義社会から一歩身を引いてお金や人間関係に縛ら …

二極化分岐

農産物の直接販売ではマーケティングを意識しよう

今回は、つくった農産物を自分で売っていくときに重要なマーケティングについて書いていきます。 農協にすべて卸すつもりだから販売については考えない、らでぃっしゅぼーやなどの大手宅配業者と栽培契約して生産に集中したい、というよ …

田舎の風景

農業研修する農家を選ぶときのポイント→農家との相性

前回の記事 研修する農家を選ぶときのポイント→経営スタイルが近い からターゲットを絞り、自分にとってプラスになる研修農家がどういうところがいいのか決まったとして。 それでもまだ選択肢が多い場合に、そこからさらに …

考えるリーマン

農家の販売力を劇的に高めるホームページ開設

前回の記事ではインターネットを活用することで、田舎暮らしをしながら農業で生計を成り立たせていくことはじゅうぶんに可能な時代になったということを書きました。 インターネットの活用が田舎暮らしには相性がよい それじゃあ具体的 …

インターネット・パソコン

インターネットの活用が田舎暮らしには相性がよい

田舎暮らしをしたい。 という方は決して少なくない世の中になってきました。 都会の喧騒を離れたいとか、人間関係に疲れたとか、豊かな自然の中でのんびり暮らしたいとか、さまざまな理由をもって田舎暮らしにあこがれを持っていると思 …

インターネット

運営者情報

プロフィール顔 管理者:松本直之

動画で思考

  • facebook
PAGETOP