農業を仕事にしたいけど収入をしっかり得られるのか不安、田舎暮らしで有機農業・有機栽培をやりたいけどノウハウがない。近くに農業研修を受けるような農家がない、サラリーマンとして勤めながら就農の準備をしたい。そんな人にお勧めの情報がつまっています。
農家の思考
  • HOME »
  • 農家の思考 »
  • 効率追求

タグ : 効率追求

土つきニンジン

全行程を把握したうえで目の前の作業をこなす

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

黒マルチ

てこの原理で大きく成長する

高校に入学したとき、大学に入学したとき。 就職して会社に入ったとき。 だいたいみんな同じようなレベルの人が集まりますよね。 試験などのフルイをかけているんだから当然です。 趣味嗜好はまったく違うかもしれないけど、かけたフ …

パレートの法則

常識を疑うPDCAの実例10パターン

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

草生栽培

働き方改革 顧客目線で無駄をカットする

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

直売野菜

ビニールマルチの役割はけっこう大きい 旬を広げる効果とは

農村地帯を車で走ったり、自転車で走ったりしたとき、一面キャベツ畑だったり地平線の彼方まで玉ねぎ畑が広がっていたりしますよね。 そこでは、作物の下に黒いビニールが敷かれていたりしませんか? もしくは、真冬であれば透明なビニ …

%e3%83%93%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%81%e3%81%ae%e5%bd%b9%e5%89%b22

野菜栽培と稲作は両立できるのか 選択と集中

有機農業においてよく見られる栽培スタイルが、 多品目栽培 です。 大規模でひとつの作物をドーンと育てるのではなく、多種類の野菜や米などをすこしずつ生産するという形。 一言で表現するなら家庭菜園を大きくした感じ。 有機農業 …

田植え

時間管理・作業効率を意識することで稼げる農家になる

家庭菜園をしていて。 なんか植物を育てるのは性に合ってる気がする。 野菜を育てることを仕事にしたい。 という流れで新規就農を考えている人がとくに陥ってしまいがちな失敗があります。 日の出とともに畑にでて、日が沈むまで働く …

タイムカード

【5】有機農業の王道 少量多品目&直販型定期宅配 大口取引せずにリスク分散

たくさんの種類の野菜や米をこまごまと育てたり、鶏などの家畜を飼っていたりして、できたものを消費者のところへ直接お届けしている。 いわゆる多品目栽培で、産地直送。 産消提携型農業と言ったりもします。 こういうスタイルをとっ …

リスクと効率

あえて制約を課すことで労働コストを意識するようになる

稼げないと言われ続けてうんざりしている農業界ですが、ほんとうに稼げないと思われますか? それともなにか統計にトリックがあるのではないかと疑っていますか? 実際のところはどうなのか、ということについて今回は書きません。 興 …

拘束されるサラリーマン
1 2 »

運営者情報

プロフィール顔 管理者:松本直之

動画で思考

  • facebook
PAGETOP