今日こそは耕して畝を立てなければ。
種まき、苗植えしなければならない野菜が山ほどあるので、使っていないところを耕して畝を立てます。
いつも使っている小さな管理機をフル活用して一気に仕上げる予定。

朝からウォンウォンうなって管理機が畑を走ります。
ほどよくしっとり湿った土を草と一緒にかき混ぜていきます。

と思ったら30mほど走ったところで緊急停止。
動かなくなってしまいました。
まさか、と思い当たるところがあったのでカバーをはずして確認すると、やはりソコでした。

Vベルト

が切れていました。
このベルトはエンジンの回転をタイヤに伝える大事な役割を担っています。
それが切れたんだから動かないのは当然でしょう。


それにしても新品にしてから半年も経たないうちに再びVベルトが切れるとは思いもよりませんでした。
ひっかかってベルトに傷がついたんでしょうか。
普通に使用すれば2年以上もつはずなので何らかの負荷がかかったのは間違いないでしょう。

どうしても今日耕しておきたいので農業資材店に電話してベルトの在庫を確認。
昼ご飯の時間を削って車を走らせました。
もったいない時間のロスです。

ロスを取り戻すかのようにひたすら機械で耕す。

これだけは今日やっとかないと、というところだけはなんとか終わらせました。
必死だったので余計な力が入っていたのか、終わったころには握力ほとんどなし。
ご飯茶碗を持つのがちょっと怖いくらいです。

機械はやっぱり疲れます。