寒くなってきたとはいえ仕事はなくならず、12月に入ったけれどまだまだやるべきことが多々残っています。
どれもこれも急ぎではないけど、霜の降り方が強くなる前にやっておかなければならない作業もあるので気が抜けません。
まあ9月10月に比べればずいぶんラクになりましたけどね。

作業的にも気持ち的にも余裕がでてくると考え始めるのが来年度の計画。
なにをどこにどのくらいの量で作付けしようか、どんな品種を選んでみようか、作付け計画は冬の大きな楽しみのひとつです。
2010年は計画をほとんど立てずに無鉄砲作戦を実行してみました。
場所が空いたらエイヤァっと植えたいものを植える。
そんなことを繰り返してみました。
これはこれで畑に空きをつくらず回転率を爆発的に上げることができるので、小面積で効率を追求するという点ではいいんですよ。
ただ、ちょっとやりすぎた感が強いです。
草を生やす期間が短くなることが多く全体的に有機物の補給が足りてなかったり、作物ごとに適した土壌条件があるのにそれを無視して植えつけてしまったり。
そんな無理が祟ったんでしょうか。
天候不順に適応できなかったこともありますが、今年はかなり失敗が多くなってしまいました。
効率的にまわしたはずが、失敗の多さでそれを帳消しにしてしまった気がします。

来年度はもうすこし作付けに関しては計画的にいこうと思います。
柔軟性を残しつつおおまかな計画を立てておきます。
2009年はきっちり計画、2010年はさっぱり無計画。
かなり両極端にやってみたので、2011年は両方のいいところをとってバランスを保てるはず。
研修生がいなくなって研修圃場6aが空いたので、ここを有効に活用すればうまく回っていくと思います。
え?来年の研修生が決まったらどうするのかって?
うーむ、そのときはそのときですよ。