台風がもたらした雨は非常に助かりました。
ここまで苦しそうにしていた野菜たちは、これで復活。
しばらくすれば収穫量も戻ってくるでしょうね。

という表現でわかるとおり、先週くらいまでは非常に危ない状態でした。
トマト、ナス、ピーマンなど主力野菜の収穫量が落ち込み、ツルムラサキやモロヘイヤなどの葉野菜も新しく茎葉が伸びてこないので収穫できない。
そろそろポンプで川から水を汲み上げなければ、というところまで来ていました。
(実際はポンプ使おうとしましたが故障していて修理中です)

定期購入者でほとんどを占める松本自然農園にとって、野菜の収穫量が落ち込むまたは安定しないというのは死活問題です。
出せる野菜がないといって出荷を休止するのは簡単ですが、天候不順であっても有機農業という不安定な土台の上で経営していても、栽培技術不足を原因にしてしまうのはプロとしてどうかと思っているので、出荷を切らさないというのは非常に重要視しています。
お客さんからの信頼度にも影響しますし。

それでも収穫量に波がある。
10年の経験を持ってしてもその波は訪れます。
こんなときは保存系野菜が大活躍してくれます。

玉ねぎやジャガイモはもちろんそうなんですが、今年はカボチャ3種類、冬瓜、赤毛瓜などウリ系野菜をたくさん栽培&収穫しました。
これだけあるとちょっとした収穫量の落ち込みには動じません。
ただし頼りすぎても季節感を失くしてしまうので、やっぱり栽培技術の安定は大事ですね。