※経営上のお金の話がでますので、そのあたりに嫌悪感のある方はページを閉じてくださいね。

ひとりで出来る限界。
僕はこれが知りたかった。
どれくらいの面積を管理できて、どれくらいの売上を達成できるのか。
これが知りたかった。
ここまで5年やってきて、おそらく来年あたりで限界が来るのかなという感覚はつかめました。
面積は7反(約2100坪)。
売上では700万円の経費200万円。
くらいが僕ひとりでやれる限界だろうと思います。
上記の数字は来年以降もひとりでやったならこれくらいになるだろうという見込みですが、順調に農地を借りられたなら残せるであろう数字です。
ここまでいくと所得でも時給が2500円を超えてくるので、「どうじゃこらぁ」と世間に啖呵を切ることができる・・・かなと思ってます。

ですが、その限界地点に到達することはできないでしょう。
研修生がいるから。
労働力がひとり増えるし、教えるための時間をさかないといけないので、厳密にひとりでここまでやったという計算ができなくなります。
まあ、それはそれでよしとしましょうか。
新規就農者がどんどん増えてほしい、そのために動いていきたいと将来の目標を掲げているので研修生が来てくれるのはうれしいことですからね。
自分のことだけ考えていればいい時代は終わったのかもしれません。
ああ、成長したね。

ちなみに。
来春以降ですが、研修生に加えて研修生っぽい人(?)が来る可能性がでてきているので僕も含めて3~4人が畑でうろちょろすることになるかもしれません。
募集してないのになぜか増えていく研修生・・・。
そうなると今の面積じゃ手に余ります。
また農地確保に動かないといけないのかも?
う~む。