一年でもっとも忙しい季節になってきました。
夏野菜を管理しつつ、秋冬野菜のタネを播いたり苗を植えたり。
夏には全面積の半分ほどしか使っていなかったのが、ここから一ヶ月ですべて埋まってしまうくらいに仕事を進めていきます。
ここが正念場。
この一ヶ月をさぼると、年が明けて1月2月に野菜がなくてヒーヒー苦しい状況が生まれます。
逆にここで踏ん張れると3月になっても野菜が残っていて「ヨッシャ!」と叫び声が出ます。

そんな大事な季節ですが、ここのところ天候がよろしくない。
耕そうと思ってもなかなか・・・という状況です。
こんなとき松本自然農園はどうするかというと、強引に耕します。
強引にタネを播きます。
それが必ずしもベストな状態でないとしても、今ここでタネを播くということが非常に重要なんです。

土の状態がベストになるのを待って耕す、ベストになるのを待ってタネを播く。
と悠長なことはやってられません。
たとえ70点の状態でも、それが結果的に収量低下や栽培失敗につながるかもしれないとしても、いまタネを播かなければいけないんです。
言いかえれば収穫時期をずらしたくないということ。

多品目野菜の年間安定供給が至上命題のため、ココというタイミングで収穫物が揃ってくれないのは死活問題。
常にベストを狙って栽培すれば上出来野菜がわんさか採れるかもしれませんが、そんなことやってたら収穫量に波が出すぎて経営になりません。

と、そんなこと言っておきながらタネまきは全体的に遅れています。
8月中に播いておきたかったものがチラホラ、いやドッサリ。
9月一週目に期待しましょう。