昨夜の風はすごかったなぁ。
と思いながらいつものように畑へ向かうと、とんでもない光景が広がっていました。

ハウスが潰れてしまっていました。
冗談でしょ?
ほんとに自分のビニールハウスなのか疑ってしまいました。
でも間違いなく自分のです。

一見すると完成していたようで、じつは最後の補強工事が残っていたのでおそらく大きな原因はそこだろうと思います。
ほかにもいくつか思い当たる原因がありますし。
台風の季節までになんとかすればという思いがあったのですが甘かったようです。
僕の詰めの甘さは相変わらずですね。

このまま置いておくわけにもいかず、すぐに撤去を開始しました。
いわゆるビニールハウスの解体作業ですが心は非常に重い。
曲がったパイプを元に戻してもう一度建てなければならないからです。
これから忙しくなってくるのにそんな時間があるだろうか?
今年こそは雨よけハウスで美味しいトマトが育てられると思っていたのに、もう一年先送りになりそうです。
研修生の活躍で時間の余裕ができれば・・・というのはムチャな希望かも。

不幸中の幸いなのは育苗中の苗にほとんど被害がなかったこと。

すれすれのところで留まってくれました。
すでに植えてあったトマトの苗にも被害なし。
霜が降りる季節がおわり、外に苗を置いても大丈夫な時期に来ていたのは助かります。
もう一棟建てているハウスがもうすぐ完成するので育苗中の苗にとってはありがたい状況です。
すでに完成していたら2棟共倒壊してたかもしれませんしね。
せっかく苦労して建てたビニールハウスがたった2ヶ月で使えなくなったのは残念ですが、家のそばで苗を育てなさいという天の声かもしれませんし、もうすこし露地でのトマト栽培を勉強しなさいということかもしれません。
前向きに考えましょう。


今日は一日曇った心で過ごしましたが、こういうのは一晩寝るとすっかり忘れられます。
新規就農当初の様々な苦労に比べればたいしたことじゃありませんしね。
明日からまた、新しく発生した仕事に精を出します。
ハウスの撤去のことね。