百姓は芸術家である。
と誰かが言ったかどうかは知りませんが、少なくとも僕は芸術家だろうと思っています。
土壌条件も気候も毎年違うなかで成果物をつくりあげていく作業はまさに芸術の域。
同じものを作っても100人いれば100通りの作品が出来上がるのが農業であり、畑の様子をみても100通りの景観があるのだからおもしろい。

命を創造するという芸術的要素を持っているのが農業という仕事です。

同時に百姓は職人でもあります。
他がまねできないような圧倒的な栽培技術、自己の成果物に対するこだわり・執念、そして自分自身に対する絶対的な自信。
これらの資質を備えている百姓は職人と呼ぶにふさわしいと思います。
「奇跡のりんご」で有名な木村秋則氏などは職人の典型でしょう。

芸術家であり職人でもある百姓。
と同時に経営者でなければならないのが今の農業界。
完ぺき主義とも思えるような職人気質はもちろん大切だけど、商売としてやっていくならお金に換えてこその成果物ではないでしょうか。
手塩にかけて育てた農産物を自信を持って世に送り出し、こだわりに見合った対価を受け取る。
それでこそ農業、経営が欠けていたら単なる農です。
今の農業界に足りないのがこれ。

芸術家であり職人でもあり経営者でもあるのが百姓。
僕らがやっているのは生産ではなく創作です。
わかります?
うちの畑を見に来てくれた方は言ってる意味が理解できますよね?
できない?
またぁ~。