今年のカボチャ栽培は草管理の都合上、アーチパイプにネットを張って空を飛んでもらうことにしました。
http://matsufarm.blog.shinobi.jp/Entry/873/
気になっている方もおられる(と思いたい)その後の生育は順調なのか、ちょっとご報告。

かなり順調というか、けっこう茂っています。
ビニールマルチの効果もあるんでしょうけど、大きな要因は品種だと思われます。
写真にある品種は自然農法センターの育成品種ですが、すぐそばにある別の品種はここまで育っていません。

空飛ぶカボチャはしっかりと空中で着果しました。
これが大きくなってもアーチパイプは重さに耐えられるのでしょうか。

とまあ良いことばかり書いてもどうかと思うので、良くないことも少し。
カボチャはゴーヤなどと違ってほふく性がかなり強いので、放っておいてもネットを登っていってくれません。
ちょくちょく手をかけてネットに引っ掛けていく必要があります。
これが意外にめんどう。
もちろんヒゲがあるので巻きついて自分で支えますけどね。
今のところ不満なのはこの点だけです。

最初から最後まで未体験の栽培方法です。
また報告しますよ。