育苗(いくびょう)って、やったことのない人から見れば難しいイメージがあるかもしれません。
家庭菜園やっている人でもタネから苗をつくる人ってそんなに多くないですから。
実際はというと・・・やっぱり難しいです。
天候や気温などに合わせてこまかく管理していく過程は、畑で野菜を育てるよりも数段難しいです。

ただし、おおざっぱに言えば2つのポイントに集約されるので多少は簡単に感じるようになります。
ひとつは
季節の再現
野菜ごとに生育適温があるので、それを育苗環境の中で再現してあげることが重要。
トマトなら昼30度、夜20度くらいの生育適温をめざしてビニールハウス内を管理していく。
それだけ。

もうひとつは
水・光・温度のバランス
曇っていて光が足りないときは水分も少なめに、晴れていて温度がどんどん上がるときは水もたっぷりと。
というように天候に合わせてバランスをとっていくことで強くがっちりとした苗をつくることができる。

こまかい管理技術は山ほどあるけど、すべては野菜自身が快適に育てるようにするための手段にすぎないと思います。
まあその管理が難しいんですけど。
一日でも気を抜くと苗を全滅させてしまう可能性もあるのが今の季節。
忙しくないけど最も精神的に追い込まれる季節かもしれませんね。