いま借りて使用している農地、2枚あるんですが両方とも元々田んぼだったところです。
当然ながら土は稲作仕様
雨が降ると水がたまりやすく、晴れて乾くとカチカチになるような土でした。
野菜を育てる畑としては、「う~ん、使いにくい」という土壌条件なわけですよ。

生えてくる草はイネ科ばっかりで、いかにもワタクシ痩せてますみたいな状態だったし、畝を立てて通路をしっかり作ったのに、雨が降ったら通路が水路になってしまうくらい水が溜まりやすかったりして。
そんな状態だから野菜もうまくできなかったし。
農地を借りた最初のころは苦労の連続でした。

それが3~4年も使い込んでくると土が畑仕様に変わってくるんですよ。
水はけがよくなってきているので3日3晩雨が降り続いた後でも、船が浮かべられるような水路はできなくなりました。
生えてくる草の種類も多様化してきて、クローバー、ギシギシ、メヒシバ、ヨモギ、アカザ、シロザ、ヒメジオン・・・名前を知っている草から知らない草までほんとにいろんな種類の草が生えてくれるようになりました。
草が旺盛に生えてくるっていうのは土壌が肥えてきた証拠みたいなもんで、草に比例するかのように野菜の育ちもよくなってきています。

よく有機農業やってる農家さんが
ちゃんと土ができあがるには10年かかる
って言ったりしますが、10年は言い過ぎだとしても土が自分好みになるには年数が必要なのは確かなようです。
僕の経験からひとつ言えることは
田→畑へ土を変えていくには、とにかく草を生やして耕すことを繰り返す
ってことでしょうね。
もともと田んぼだったところは耕さないといつまで経っても土質は田んぼのまま。
耕して空気を入れていかないと微生物層が畑仕様になっていきません。

畑だったところを借りるんだったらラクでしょうね。
うちの周りは田んぼばっかりなので、こういう経験は次に農地拡大するとき役に立ちます。
次に農地拡大?
いつ??