野菜高騰のニュースが世間を騒がせていますね。
たしかにここのところの気象は異常だと思います。
5月GW明けの出荷再開を目指していますが、全体的に生育は遅れ気味です。
けどね。
異常気象って今に始まったことじゃないでしょ。
昨年も一昨年も2ヶ月間雨がほとんど降らないことがあってヒーヒー言ってた記憶がありますし、かと思えば雨が多くて困ったこともありましたね。
ウン十年ぶりの・・・ってセリフは聞き飽きました。
これから先も過去の気象が参考にならないようなことがたくさん起きるんだろうなぁ・・・とは簡単に予想がつきます。

それでも安定して野菜セットを供給しなきゃいけないし、それができなければ農業界で生き残っていけないのではと考えています。
栽培に失敗するとついつい気象のせいにしたりするけど、じつは自分が悪いだけなんですよねタブン。
降ってきた状況に対応できなかっただけ。
異常気象のたびに出荷が滞ってたら、農業で食ってけないですから。
どんな条件にも対応できるような栽培技術を身につけて、台風が直撃しても1時間で500ミリの降水量があっても直径10cmの雹(ひょう)が降ってきても、涼しい顔をして畑に出たいものです。
難しいけど、そうなりたい。
まだまだ道は険しい。
天気のせいにしてしまう己が憎い・・・。