ふぅ。
6月が無事に終わります。
5月が終わるときにもこんなことを書いたおぼえがありますが、毎月書きたくなるほど翌月を迎えるということが大変だということです。

とくに大変なのが月末の直送。
ふだんまわっている豊田市内だけじゃなく、名古屋まで範囲を広げて直接配達しちゃいましょうという太っ腹な一日です。
市内だけなら3時間もあれば配達が終わるのに、名古屋まで行くと8時間くらいかかってしまいます。
朝早く起きて収穫・出荷作業があるので、この日だけは14時間労働なんです。
帰ってきたらクタクタ。
次の日に早起きなんてできません。

そこまでして名古屋へ直送を続けるのはなぜ?
やめればいいのにって思います?
そもそも、自らが農作業の時間を削ってまで配達をするのはお客様の声を聞きたいからです。
おいしいと言ってくれる声、味・品質に関する痛烈な批判、なんでもない世間話。
どれをとっても初心を忘れないために聞きたい貴重な話ばかり。
やる気の源はお客様の声ですから、非効率だと言われても直送はやめられません。
名古屋まで行くのは営農当初の名残りですが、どんどん効率化を進めていくなかでわざと残しておきたい非効率な部分なんです。
豊田市内のみの配達にして名古屋へ行くのをやめたとしても経営上あまり影響がないんですが、松本自然農園がはじまったころの苦しい時代から支えてくれている方もいて、そういう人たちに会えるのは初心を忘れないための大切な作業かなと感じています。

翌日の作業にひびくほど疲れる一日ですが、名古屋への直送は当分やめられそうにありません。