畑に勝手に生えてくる草。
こんにゃろ~と思うこともしばしばありますが、春はきれいに花を咲かせてくれることがあるので歓迎しています。


これはオオイヌノフグリ
小さくて青い花を当たり一面に咲かせてくれます。
フグリというのはという意味。
なんでこんな名前がついているかというと、花のあとにつく実がソレに似ているからだそう。


これはナズナ
ぺんぺん草とも呼ばれます。
花言葉は「貴方に全てを捧げます」
畑に限らずどこでも見ることができるのでおなじみですね。


これはヒメオドリコソウ
笠をかぶった踊り子の姿に似ているところからこの名前がつきました。
シソ科の植物なので独特の香りがあります。
こちらも全国いたるところで見ることができます。

ただ緑色の草だけがわっさわっさ茂っているよりは、畑の中に色とりどりの花が咲き乱れているほうが気持ちがいいです。
タネを播いたり苗を植えたりして育ててきたものとは違う味わいがあります。