僕はあまり働き者ではありません。
ナマケモノを宣言するつもりもありませんが。

真冬だろうが真夏だろうが朝はゆっくり寝ています。
だいたい起きるのはいつも7時くらいです。
農家は朝が早いというイメージが世間的には定着していますが、僕にとってはそんなの関係ありません。
朝はとにかく起きるのがつらいです。
起きる時間の30分前に目覚ましをかけて、浅い眠りでウダウダ布団ですごすのが好きです。
あの30分間が至福のとき。
なので仕事をはじめるのは真夏でも8時くらいから。

そのかわり日中どんなに暑くても畑でせっせと仕事をしています。
昼寝を長くとることもありますが、基本は12-13時が昼休憩になります。
まるでサラリーマンのようなタイムスケジュールです。
だから今年の猛暑では何度かぼーっとすることがありました。
朝おそいぶん昼間に働くのですが、真夏だけはやめたほうがいいかもしれませんね。

そんな生活なので労働時間はけっして長くありません。
夏は8-12時、13時-19時くらいに働くので10時間労働になりますが、逆に冬は5時間も働かない日がしょっちゅうでてきます。
年間で平均するとサラリーマンと変わらないくらいの労働時間でしょうか。
ちゃんと休みもとってますしね。

もっと作業性をアップしたり効率的に無駄なく作業できるようになってくれば、もっとラクできることでしょう。
農家だから朝から晩まで働くものだ、というイメージは払拭したいですね。

らくちん(手抜き?)農法を目指しています。