先に謝っておきます。
愚痴っぽくてすみません。

援農ってありますよね?
Yahoo辞書によると
農作業労働を手伝い、助けること。また特に、有機農産物の産直などで、消費者による生産状況の理解と農業の体験、労働力不足の補いなどのために、消費者が農作業を手伝うこと。
となっています。
このなかで、農業の体験として農園に来てもらうってのは納得できるんですよ。
援農というよりは食育かもしれんけど。
労働力不足だからって無償労働を受け入れるというのがどうしても納得できないんです。
もちろん受け入れるのは自由なんだけどね。

手が足りないから援農という形で労働力を確保するというのは、裏をかえせば経営として成り立っていないということ。
飲食店が、忙しいからといって無償労働を外部に求めますか?
ト◎タ自動車が、ボランティアを受け入れて生産ラインに入ってもらったりしますか?
無償労働が介入するということは、それがなければ成立しない産業ということであり、他産業にくらべて低く見られているということです。
言い方を変えてきつく表現すれば「有機農業はなめられている」ということです。
助かるからという理由だけで援農を受け入れていたら、いつまでたっても農業の地位は向上しませんよ。

経営・経営とうるさい当農園でも「援農させてください」とか「作業を手伝わせてください」とかメールを頂くことがありますが、すべて丁重にお断りしています。
芋類の収穫、人参の草取りなど人手があれば助かる作業も多いですが、それでも受け入れることはしません。
有機農業地位向上のためです。
農業体験や食育としての受け入れはOKですが援農やボランティアはNG。
松本自然農園はそんなところです。