捨てる技術
といえばモノをうまく捨てていく技術、身の回りを整理整頓していく技術を想像します。
今回の話はこれじゃなくて技術を捨てる話。

一度うまくいって味をしめた技術というのはなかなか捨てられないものです。
なにか特定の肥料・資材をつかって栽培がうまくいったとき、次からも同じように同じものを使って栽培しようとするのは当然の心理。
持っている機械で畝立てを効率的にできていると思ってしまえば、ずっとそのやり方を続けてしまう。
現状に満足してしまうからこそ起きてしまう現象でしょう。
そんなに悪いことではないと思うのですが。

経験を積みながら獲得してきた技術が、ほんとうに自分にとって最適なのか。
よく考えてみる必要があります。
と、べつに他の方に偉そうに言うつもりはなくて自分に言い聞かせたいからこの場で文章にしているんですが、最近は畝立てについて特によく考えることが多いです。
畝立てってのはざっくり言えば野菜の作付けを盛り上げる作業のこと。

畑の管理作業で大きなウエイトを占めるのが耕耘、畝立て、播種(種まき)、定植(苗植え)、除草の5大作業。
播種除草については機械化の目星はついていて、あえて効率化・機械化していない部分と慎重に検討しているところがあります。
定植については今のところ機械化を考えていません。
耕耘、畝立てについて、今のやり方でもそれなりの成果は出ていますが冷静になって考えるとムダが多いような気がしてならないんです。
ほかの農家さんがやっているのを真似している部分が大きいのですが、少量多品目栽培にマッチする方法が別にあるのではと考えています。
実際いくつか候補がありますし。

その候補を採用すると、過去のやり方を捨てることになります。
もちろん蓄積された経験は残りますが、新しい技術でイチからまた経験を積んでいかなければなりません。
そのことによって栽培に失敗する野菜が出てくるかもしれません。
新しい問題が出てくるかもしれません。
それでも改善によって最終的にプラスになるなら安いもんです。

小さい面積で効率・収益を追求していくと決めた以上、機械化や作業の見直しは避けられません。
これから冬に向けて頭を回していく時間をたくさんとれるので、いろんなところを軌道修正しながらニュー松本自然農園をつくりあげていこうかと思います。