ハウス内がにぎやかになってきています。
トマト、ナス、ピーマン、パパイヤ、ブロッコリー、レタス、コールラビ、セロリ
せいぜい双葉がそろったくらいの大きさなので彩り豊かという状況ではありませんが、もうすでにハウス内が手狭になってきました。
とくに場所をとって困るのがトマト、ナス、ピーマンの夏野菜3兄弟。
大きな黒いビニールポットで育てるうえにそれぞれ100株以上苗が必要なので、それはもう大面積を必要とします。
すでにナス、ピーマンはビニールポットへ移植してしまっているので残るはトマト。
こいつが最も場所をとります。
雨にめっぽう弱いので露地栽培では病気にかかりやすく、収量が不安定になりやすいトマト。
栽培も難易度が高く、やる気は刺激されますが経営上はお荷物的存在になりつつあります。
それでもトマトの栽培面積を減らさないのは、やはり夏の主役だから。
トマトがない夏野菜セットなんてイチローのいないWBCみたいなもんですよ。
まつもトマトを待っている人たちのためにも今年またトマト栽培に頭を悩ませることになりそうです。

播いたトマトの種数は約400粒。
それをもし全部苗にして、畑で育てたとしたら・・・むちゃや。
そんなにトマトを育てたら他の野菜に手をかける時間がなくなってしまいますよ。
いくら主役といってもセットに入れる1品目にすぎないですからね。
ほどほどにしておかないと。

そんなこんなで今のところ寒さで苗が枯れることもなくハウス内は順調に推移しております。