暖かいですねぇ。
朝起きるのも、畑で仕事をするのも、なにをするにもウキウキしてきます。
寒の戻りはいらないよーっと。
体がなまってるから勘の戻りが必要だよーっと。
この文章もなんだか軽やかです。

暖かくなったから野菜はぐいぐい育つ。
これって素直に解釈するといいことなんですが、野菜を育てたことのある人は嫌な顔をすることが多いですね。
越冬して寒さに耐えてきた野菜たちは、暖かくなるとトウ立ちしてしまうからです。
トウ立ち、花を咲かせるために茎を伸ばしていく行為のこと。
なんのことかピンと来ない方のために説明しておくと、

通常コマツナはこのように地際あたりからほとんどの葉をつけています。
それがトウ立ちすると

このように中心にある茎が伸びてくるので、葉の付け根がずれてきます。
これがエスカレートすると茎がどんどん伸びていって最終的に花が咲いてしまいますが、世間で言うところの菜の花という姿に変わってしまいます。
すでにコマツナとしての商品価値はないですね。

今の時期に畑に残っている野菜は、ほとんどの野菜が見事にトウ立ちしていきます。
一面菜の花・・・。
あー春だー、と呆然と立ち尽くしてしまう瞬間です。

不織布をかけてある野菜はすでにトウ立ちが始まってきています。
寒さによる葉痛みを防ごうと思ってかけてある不織布ですが、保温効果もあるためトウ立ちスイッチが入るのも早めてしまうようですね。
やっぱり3月に出荷をするのは難しいなぁ・・・と最近は3月に出荷するつもりもないのに眉間にしわを寄せてみたりしています。