野菜セットには欠かせないのがタマネギ。
ジャガイモと並んで保存が効く野菜のツートップとなっていますが、年間を通して野菜を揃えなければならない多品目農家としては大変ありがたい存在です。
常にセットに入れることができる野菜をストックしておけるというのは安心感につながります。

そんなタマネギですが僕がまともに栽培できるようになったのは昨年くらいから。
就農してから3年ほどはほとんど収穫に至らないほど失敗続きでした。
昨年はそれなりに収穫量がありましたが、タネから育てた苗の数がまったく足りなくて大量に苗を買っていました。
ようするに苗づくりが失敗したわけですね。

そんな流れなので今年の目標は苗をしっかりとつくることでした。

一部、太陽熱消毒をおこなったところで立ち枯れなどがあり欠株も見られますが、おそらく必要苗数は確保できそうな感じです。
タマネギはどれだけあっても困ることがないので場所と苗さえあればどんどん植えていきます。
今日現在、畝を準備して植え付け可能なスペースは約10000本分ほど。
ここを植えつけ終わっても苗が余るようならさらにスペースを確保していきます。

時期的に作付けができるスペースはたくさんあるし、忙しくないので作業時間も確保できる。
やりすぎだろ!というくらいタマネギで埋め尽くしたいもんです。