テレビ愛知で19時から放送されていた
日曜ビッグバラエティ「2009年総決算!! 仰天!激安狂騒曲」 
を見ました。
全体的にはふーんそうという感じだったんですが、野菜の叩き売りをしている映像を見たときは生産者としての視点になりましたね。
大根1本10円(100円じゃないよ)。
タマネギ、ジャガイモ、ニンジン詰め放題で10円(100円じゃないよ)。
なんなんですか、その価格は。
生産者にはいったいいくら入るんですか?
生産者がどれほどの汗水をたらして育てたと思っるとんですか?
と、ついつい生産者の都合で文句言ってしまいました。

叩き売りというのは商品の価値を下げます。
価格を下げるということは、商品そのものだけじゃなくて生産者の価値を下げることにもつながるような気がします。
先日のマルシェジャポンでの朝市では、流れに任せて叩き売りに近いことをやってしまいましたが、松本自然農園がそういう安売りをする農園だと思われてしまったかもしれませんね。
松本自然農園の価値を下げてしまった瞬間でした。
反省。
心をこめて育てた野菜は、その価値を認めてもらえる価格で売りたいと思います。
高すぎるのはよくありませんが、安すぎるのもいかんかなと。
農家がふつうにサラリーマン家庭と同じように生活できる、そんな価格で野菜を買っていただけるようがんばらないといけませんね。