多品目栽培をするということは、作業の内容も多岐に渡るということ。

今日はA圃場でニンジン・ゴボウの草取りとレタスの定植
B圃場で土手の草刈りと大根の間引きとナス・ピーマン・カボチャの定植
という日があったとして、この日だけでも作業は多岐に渡るのに、次の日もそのまた次の日もいろんな作業をこなすということはよくあります。
こういう作業の決定は、目の前に降ってきた作業をただ詰め込んでいるのではなく、いまやらなければならない作業に優先順位を付けて、最優先すべき作業は真っ先に取りかかるし、手持ちの時間では無理だと思うような作業があれば切り捨ててその野菜の収穫そのものを諦めてしまうこともある、そういうことの積み上げによって全体の作業日程が構成されます。
時間が足りねぇ~という場合は、自分のキャパを越えて計画が立てられているとか、自分の持ち時間や作業スピードを把握してないとか、いろんな要因はありますが、無理だと思ったときに切り捨てができていないことがけっこう大きい気がします。
うちの場合ですが。

また、優先順位をつけるには天候も大きく関係します。
晴れて土が乾いていているうちにやりたい作業、雨が降っても出来る作業、ひと雨ふったあとにやりたい作業など天気予報を見ながら優先順位を入れ替えていきます。

その日その日を状況を見ながら作業予定をどんどん変更していくのですが、研修生が本当に学ぶべきところは実はここなんですね。
なぜ今日の午前中にニンジン・ゴボウの草取りで午後にナスの定植なんだろう?
なぜ草に埋もれた水菜を救出しないんだろう?
白菜のタネまきをするのはなぜ今日なんだろう?
ただ与えられた作業をもくもくとこなしているだけでは何も得られません。
なぜ今これをやっているのか、農園主の目線に立って考えてみるといろんなことが見えてきます。
1日をどのように組み立てているのか、1週間はどうか、1ヶ月で見ると・・・。
毎日頭から煙が立ちのぼるほど考えて考えて、疑問符をひとつずつ消していって、また別の「?」にぶつかって考えて、そういうことを繰り返していくといつの間にか自分で圃場管理をさくっとできるようになっている。
というのが理想ですけど。

今日一日の予定している作業すべてに優先順位をつける。
まずはそこからですね。