年末年始はほとんど畑に行かず、世間様並みにほぼ10連休をいただいています。
これだけあっても自分ひとりの時間はそんなに取れないんですが、ゆっくりと想いにふけることはできます。

自分の人生で一番楽しかったのはいつですか?
人生のピークは?
という質問が身の回りやメディアなどでたまに出ることがあります。
人によって答えは様々だしそれでいいと思いますが、僕の場合は
今でしょ!
と20代半ばからずっと思ってここまできました。
ずっとピークです。
ようするに今が一番楽しいという状態が10年以上続いています。
20代前半までそうじゃなかったのが残念ですが。

また、ピークを感じているときは
明日とつぜん死んでも悔いはない
と思って生きています。
もちろん、家族を残して死ぬわけにはいかないし、両親より先に死ぬのは申し訳ないと思ってるし、これから先もまだまだやりたいことはあるけど、自分自身の人生としては悔いなく生きています。

このような気持ちになった転換点は自転車日本一周ゴールです。
ゴールした瞬間から変わりました。
日本一周中は「まだ死にたくない」と思ってたのをはっきり覚えています。
就農当初の、これからどうなるかわからない不安な時期は「死んでも悔いなし」でした。

今現在の自分の立ち位置には満足しています。
これからも生き続けていって、あのときが人生のピークだったなぁと振り返ることがないよう、死ぬ間際まで今が一番楽しいと言えるように、これからも進んでいけたらいいですね。

いやあ、新年らしい文章になりました。